下記症状があれば要注意です!早めに歯科医院にてみてもらいましょう。

・食事の際、冷たいものや熱いものでしみる
・歯や歯ぐきがムズがゆい
・食べ物を噛んだ際、痛みを感じる
・歯ぐきが腫れていて、歯磨きの際、出血する
・お口の中がネバネバした感じがする
・口臭がにおう
・歯がういたような感じがする

歯周病はゆっくりと進行し、お口の中の歯肉や骨を少しづつ破壊していきます。
自分が歯周病だと気が付いた時にはかなり進行していることが多いため、
早期治療をこころがけましょう。

歯周病は日ごろの適切なブラッシングと歯科医師・歯科衛生士による
歯石の除去などの治療によって、予防をしていくのが効果的です。
また日常生活で糖分を多くとり過ぎない、口呼吸をしない
(口呼吸によって口腔内が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなり、炎症が起こります)、
片側の歯ばかりで噛まないといった意識も重要です。

歯周病の段階症状とその治療内容について

軽度の歯周炎

この段階は、歯の表面に着いた歯石・歯垢等の細菌によって
歯肉に炎症が起きた状態で、歯の周りに着いた歯石・歯垢等を取り除く
適切なブラッシングを行うことによって、充分な治癒が望めます。

初期段階の歯周病

歯の周囲の細菌が歯と歯肉の間へ入り込み、歯と歯肉が少しづつ離れていきます。
この段階で歯の周囲の歯石・歯垢を定期的に取り除いておくことにより、
更なる悪化を防ぐことが重要です。

中度の歯周病

中度では歯と歯肉の間にある歯周ポケットへ入った細菌が、
歯の根の部分にまでに入り込み、歯を支える骨を溶かしてしまいますので、
徐々に歯がグラつくようになってきます。
上記段階での処置に加えて、歯周病の進み具合によっては
様々な対処が必要になってきます。

重度の歯周病

歯ぐきは腫れて下がり、歯を支える骨も溶けてしまった状態です。
歯に触れるとグラグラと揺れ、次第には支えられなくなってしまい
抜けることもあります。
重度の症状になってきますと歯周外科手術をいたします。

病態によっては、残念ながら抜歯が望ましい場合もあります。
歯を抜かなければならない状態まで歯周病が進行する前に
できるだけ早期の治療をお勧めします。

歯周病と治療の流れ

歯周病への効果的な対策としては、歯石や歯垢等をきれいに取り除く事が重要です。
治療は一度行えばそれで終わりではありません。そのままにしておくと再発や進行をします。
治療をし、その時は治っても、しっかりとした歯磨きや定期的メンテナンスは
続けていく必要があります。
一度治療を行い、きれいになってもその後のメンテナンスを心がけましょう。

  まずはお口のなかの状態を確認。歯肉の検査も行います。
レントゲンをとる場合もあります。
   
  歯周病の進行具合を判定します。 歯肉炎は歯と歯肉の境目に歯垢がたまり、
細菌の毒素で歯肉が炎症を起こし、腫れている状態です。
歯周炎の軽度は歯肉の炎症が進み、歯周ポケットが深くなった所に歯石が付き
骨が溶け始めた状態。 歯周炎の重度になると歯を支えている骨がどんどん溶けて、
歯がぐらぐらし始めます。 現在どういった状態なのかを判定します。
   
  歯肉の上の歯石や歯肉の下の歯石を取り除きます。重度の歯周炎の場合には歯周外科手術を行い、
歯肉の深いところの歯石を取り除きます。 その後、歯肉の治りをみます。
   
  再発や進行しないよう定期メンテナンスを行います。
毎日の適切な歯みがきと共に歯科医院でのメンテナンスが重要です。

歯周病を軽減する「次亜塩素酸水」

次亜塩素酸水は、塩を主とした原液を水と長時間「電気分解」させて作ります。
できた次亜塩素酸水はpHが7.0前後(水道水とほぼ同じpH)の中性ですので、歯牙や歯肉に対して影響なく、
安全であり、また体内の白血球と同じ除菌成分なので、歯周病菌や虫歯菌を減らす効果を兼ね備えています。

歯周病の方、歯周病予備軍の方の健康管理に

歯周病菌の細菌が歯茎から血管に入り込み、歯周病菌が原因で脳梗塞や
心筋梗塞が起きると言われています。糖尿病にも影響を与え歯周病を治すことにより
糖尿病も改善される。と最近言われています。健康管理に役立ちます。

歯磨きで歯垢(プラーク)を取り除いていますが、
歯周病菌はいなくなったわけではありません。
歯茎の中には歯周病菌は残っております。
「このお水」でグチュグチュと10〜15秒間"うがい"を毎日行なっていただければ、
歯周病菌が軽減されます。

お口の臭う方のほとんどは歯周病の方です。
◯朝起きた時に、気持ちの悪い方
◯自身で吐息が「臭い」と思った方
◯歯茎から出血している方(重症)
◯歯茎が腫れたり、赤くなっている方(重症)

歯茎の中の歯周病菌を除去するには

当医院にてこのお水を注水しながら歯石除去(スケーリング)を致します。
歯茎から入る細菌を抑えて脳梗塞などにならないように予防いたしましょう。
定期的に口腔内検査をして歯周病菌を絶滅しましょう。

お口の歯周病菌のために使うのではなく、インフルエンザの予防にも効果があると、テレビで紹介していました。
それと同じ次亜塩素酸水です。
外出から戻った時、普段の「喉」のうがいにもお使い下さい。

  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 笑気麻酔
  • 予防歯科
  • 歯周病
  • 一般歯科
  • 唇トレーニング
  • はみがき講習
  • Q&A
お問い合わせ
しばた歯科Blog
当院の治療について
患者様の声

当院では歯科衛生士と
歯科助手 兼 事務・受付を
募集しております。
詳しくは、募集要項をご覧ください。
>募集要項を見る

当院では清掃スタッフ(パート)を
募集しております。
勤務時間:16:00〜20:00
時給:900円〜
週3日〜OK。週5で勤務可能な方は
優遇いたします。

こちらのQRコードを読み取ってご覧いただけます。

オンライン予約はコチラから